• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中川右介氏寄稿 「妻ある男の恋」再び容認されるためには

 洋の東西を問わず、不倫(不義密通)は小説や演劇の重要な題材だ。

 女に人権がない時代、女は男の所有物だったので夫のある女が男と関係を持つ不義密通は「窃盗」の一種である姦通罪となった。そのため夫を裏切った女も盗った男も、徳川時代は死罪、明治になってからも禁錮刑だった。戦後、男女平等の精神に反するとして姦通罪が廃止されると、女は「夫以外の男と関係を持つ自由」を得た。この「自由」とは、あくまで刑法上の罪ではないという意味だ。

 女性の不倫への罪の意識は薄れ、「夫にバレなければいい」となり、それならば「私にもできるかもしれない」「やってみたい」となり、1950年に大岡昇平が「武蔵野夫人」を、57年には三島由紀夫が「美徳のよろめき」を発表すると、ともにベストセラーになり映画にもなった。とくに後者はテレビドラマ化もされ、「よろめき」は不倫を意味する流行語となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る