山田美保子氏が持論「『不倫100%悪い』報道は恐ろしい」

公開日: 更新日:

 長らく放送作家としてテレビ界でお仕事をさせていただいていますが、これほど不倫スキャンダルが連発する“当たり年”は記憶にありません。少なくとも「ゲス不倫」などというキャッチーなネーミングで糾弾されるようなことはなかったはず。かつて2人の女優をてんびんにかけた山路徹さんはスキャンダルで仕事が増え“役得”でしたが、こんなケースはもうないかもしれません。

「不倫報道」の是非――既婚の身でありながら恋愛関係となる是非を問うなら、当事者の2人は間違いなく100%悪い。どんな事情があるにせよ、不倫を肯定するような報道をしてはならないと思っています。とくに民放のテレビ局の場合、スポンサー企業からお叱りを受けることはなるべくなら避けたい。もっとも、視聴者からのクレーム方法も多様化する昨今、たとえばツイッターのアカウントを変えて違う人物を装い、「傷ついた」「不快だ」などと繰り返し訴える場合もあります。制作陣は、本当に不快を感じている視聴者は全体の何%ぐらいなのか、悩みながら手探りで作っていますね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  6. 6

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  7. 7

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る