山田美保子氏が持論「『不倫100%悪い』報道は恐ろしい」

公開日:  更新日:

 長らく放送作家としてテレビ界でお仕事をさせていただいていますが、これほど不倫スキャンダルが連発する“当たり年”は記憶にありません。少なくとも「ゲス不倫」などというキャッチーなネーミングで糾弾されるようなことはなかったはず。かつて2人の女優をてんびんにかけた山路徹さんはスキャンダルで仕事が増え“役得”でしたが、こんなケースはもうないかもしれません。

「不倫報道」の是非――既婚の身でありながら恋愛関係となる是非を問うなら、当事者の2人は間違いなく100%悪い。どんな事情があるにせよ、不倫を肯定するような報道をしてはならないと思っています。とくに民放のテレビ局の場合、スポンサー企業からお叱りを受けることはなるべくなら避けたい。もっとも、視聴者からのクレーム方法も多様化する昨今、たとえばツイッターのアカウントを変えて違う人物を装い、「傷ついた」「不快だ」などと繰り返し訴える場合もあります。制作陣は、本当に不快を感じている視聴者は全体の何%ぐらいなのか、悩みながら手探りで作っていますね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る