ザ・ピーナッツをカバー “老人ホームのアイドル”って誰?

公開日:

♪ため息の出るような あなたのくちづけに~はじめてあなたを見た 恋のバカンス~

 ザ・ピーナッツの昭和38(1963)年の大ヒット曲。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」で描かれた当時、誰もが口ずさんだ名曲だ。

 双子の伊藤エミ、ユミはすでに他界してしまったが、平成の時代にザ・ピーナッツがよみがえっている。「サラリーマンのマドンナ」をキャッチフレーズに活動を続ける斉藤林子・巴美の姉妹デュオ「りんともシスターズ」だ。

 この2人は今、ピーナッツのカバー曲を中心にしたレパートリーで全国の老人ホームへ積極的に足を運んでいる。付いたあだ名が“老人ホームのアイドル”だ。

■ザ・ピーナッツのカバー曲で泣き出す人も

「ふれあいライブで驚くのは、おじいちゃん、おばあちゃんたちの表情の変化です。最初は喜怒哀楽がまったくなく、無表情だったお年寄りの方々が、1曲、2曲とピーナッツさんの歌をうたうと、手拍子したり、一緒に口ずさむようになる。表情がパッと明るくなって、中には泣きだすおばあちゃんもいるのです」(姉の林子)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る