• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ザ・ピーナッツをカバー “老人ホームのアイドル”って誰?

♪ため息の出るような あなたのくちづけに~はじめてあなたを見た 恋のバカンス~

 ザ・ピーナッツの昭和38(1963)年の大ヒット曲。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」で描かれた当時、誰もが口ずさんだ名曲だ。

 双子の伊藤エミ、ユミはすでに他界してしまったが、平成の時代にザ・ピーナッツがよみがえっている。「サラリーマンのマドンナ」をキャッチフレーズに活動を続ける斉藤林子・巴美の姉妹デュオ「りんともシスターズ」だ。

 この2人は今、ピーナッツのカバー曲を中心にしたレパートリーで全国の老人ホームへ積極的に足を運んでいる。付いたあだ名が“老人ホームのアイドル”だ。

■ザ・ピーナッツのカバー曲で泣き出す人も

「ふれあいライブで驚くのは、おじいちゃん、おばあちゃんたちの表情の変化です。最初は喜怒哀楽がまったくなく、無表情だったお年寄りの方々が、1曲、2曲とピーナッツさんの歌をうたうと、手拍子したり、一緒に口ずさむようになる。表情がパッと明るくなって、中には泣きだすおばあちゃんもいるのです」(姉の林子)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

もっと見る