ついに歌番組司会に復活 太川陽介が耐えた“日陰生活30年”

公開日:  更新日:

「路線バス旅」で再ブレークを果たした太川陽介(57)が今度は歌番組の司会に挑戦するというので話題になっている。担当するのはBS日テレの「歌え!昭和のベストテン」(毎週土曜夜9時)。太川といえば77年から86年まで「レッツゴーヤング」(NHK)の司会を務めていたことでも有名。以来、30年ぶりの司会復活である。

 思えば、長い道のりだった。太川が「陽だまりの中で」で歌手デビューしたのは76年のこと。翌年、発売した「Lui―Lui」が大ヒットとなり、その活躍が前出の「レッツゴーヤング」の司会にもつながった。しかし、絶頂期もそこまで。徐々にテレビから姿を消し、活動の中心を舞台に移していった。ちなみに、91年から06年まで約15年間の朝刊スポーツ4紙の全記事を「太川陽介」で検索してみると、ヒットするのはわずか62件。

 この間、現夫人の藤吉久美子(55)と結婚し、第1子誕生などのニュースがあったにもかかわらずこの少なさ。それ以外の記事は他人が主演する舞台の紹介が主で、「出演は他に太川陽介ら」という表記がほとんどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る