• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ついに歌番組司会に復活 太川陽介が耐えた“日陰生活30年”

「路線バス旅」で再ブレークを果たした太川陽介(57)が今度は歌番組の司会に挑戦するというので話題になっている。担当するのはBS日テレの「歌え!昭和のベストテン」(毎週土曜夜9時)。太川といえば77年から86年まで「レッツゴーヤング」(NHK)の司会を務めていたことでも有名。以来、30年ぶりの司会復活である。

 思えば、長い道のりだった。太川が「陽だまりの中で」で歌手デビューしたのは76年のこと。翌年、発売した「Lui―Lui」が大ヒットとなり、その活躍が前出の「レッツゴーヤング」の司会にもつながった。しかし、絶頂期もそこまで。徐々にテレビから姿を消し、活動の中心を舞台に移していった。ちなみに、91年から06年まで約15年間の朝刊スポーツ4紙の全記事を「太川陽介」で検索してみると、ヒットするのはわずか62件。

 この間、現夫人の藤吉久美子(55)と結婚し、第1子誕生などのニュースがあったにもかかわらずこの少なさ。それ以外の記事は他人が主演する舞台の紹介が主で、「出演は他に太川陽介ら」という表記がほとんどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

もっと見る