今なお衰えぬ魅力 “Jポップ40周年”で振り返る時代と音楽

公開日:  更新日:

 今年は、J―POPの40周年といってもいいだろう。山下達郎は、昨年10月にスタートしたデビュー40周年記念ツアーが大盛況で終了。浜田省吾のソロデビューも、ピンク・レディーのデビューも40年前。サザンも40周年まであと2年だ。

 70~80年代の音楽シーンをリードし、今なお根強い人気を誇るアーティストばかり。今のJ―POPの基礎をつくった彼らの人気は、中年世代はもちろん、若い世代に拡大しているように、彼らはすごかった。作曲家の早乙女順氏が言う。

「70年代以前の音楽はレコード会社の力が強く、ひとりのアーティストに対して会社主導でプロデュースの指揮を執る風潮がありました。でも、70年代以降、レコード会社の力はありながらも、アーティストを支える周りのスタッフ力が大きくなっていき、アーティストの意見が取り入れられるようになるのです。その変化が、今の日本のポップスやロックの基礎をつくることになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る