• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今なお衰えぬ魅力 “Jポップ40周年”で振り返る時代と音楽

 今年は、J―POPの40周年といってもいいだろう。山下達郎は、昨年10月にスタートしたデビュー40周年記念ツアーが大盛況で終了。浜田省吾のソロデビューも、ピンク・レディーのデビューも40年前。サザンも40周年まであと2年だ。

 70~80年代の音楽シーンをリードし、今なお根強い人気を誇るアーティストばかり。今のJ―POPの基礎をつくった彼らの人気は、中年世代はもちろん、若い世代に拡大しているように、彼らはすごかった。作曲家の早乙女順氏が言う。

「70年代以前の音楽はレコード会社の力が強く、ひとりのアーティストに対して会社主導でプロデュースの指揮を執る風潮がありました。でも、70年代以降、レコード会社の力はありながらも、アーティストを支える周りのスタッフ力が大きくなっていき、アーティストの意見が取り入れられるようになるのです。その変化が、今の日本のポップスやロックの基礎をつくることになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る