好調続く朝ドラ ヒットの法則は「戦争とお年寄り」にあり

公開日:  更新日:

 好調「とと姉ちゃん」(NHK)が今週で終わり、来週月曜日(10月3日)から新朝ドラ「べっぴんさん」が始まる。新ヒロインは芳根京子(19)。舞台は大阪、神戸などで、戦後の焼け跡の中で子供服づくりに精を出す姿を演じるが、関係者たちの間では今から「ヒット間違いなし」と言われている。キーワードは「戦争」だ。

 コラムニストの桧山珠美氏が言う。

「最近の朝ドラブームをつくった『あまちゃん』は別格として、以降『まれ』以外はすべて何らかの形で戦争をストーリーに絡めています。たとえば『ごちそうさん』は杏演じるめ以子が戦後の焼け跡でごちそうを振る舞ったり、『花子とアン』では、“ラジオのおばさん”となった花子の読む原稿が徐々に軍事色が強まってきたり、現在放送中の『とと姉ちゃん』でも常子が勤めていた出版社社員が次々に徴用され、社業が傾くといった具合。みんな戦争を絡めていますが、まったく描かなかった『まれ』だけが、『あまちゃん』以降好調を続けてきた朝ドラの中で最低視聴率となっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る