• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

好調続く朝ドラ ヒットの法則は「戦争とお年寄り」にあり

 好調「とと姉ちゃん」(NHK)が今週で終わり、来週月曜日(10月3日)から新朝ドラ「べっぴんさん」が始まる。新ヒロインは芳根京子(19)。舞台は大阪、神戸などで、戦後の焼け跡の中で子供服づくりに精を出す姿を演じるが、関係者たちの間では今から「ヒット間違いなし」と言われている。キーワードは「戦争」だ。

 コラムニストの桧山珠美氏が言う。

「最近の朝ドラブームをつくった『あまちゃん』は別格として、以降『まれ』以外はすべて何らかの形で戦争をストーリーに絡めています。たとえば『ごちそうさん』は杏演じるめ以子が戦後の焼け跡でごちそうを振る舞ったり、『花子とアン』では、“ラジオのおばさん”となった花子の読む原稿が徐々に軍事色が強まってきたり、現在放送中の『とと姉ちゃん』でも常子が勤めていた出版社社員が次々に徴用され、社業が傾くといった具合。みんな戦争を絡めていますが、まったく描かなかった『まれ』だけが、『あまちゃん』以降好調を続けてきた朝ドラの中で最低視聴率となっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る