ゴルゴ松本、ATSUSHIも…刑務所“慰問タレント”急増の背景

公開日:  更新日:

 29日、著書「あっ! 命の授業」出版記念イベントを開催した「TIM」ゴルゴ松本(48)。3年前に始めた少年院への慰問での講演内容を書籍化したもので、「後輩芸人たちを叱咤激励するための“ゴルゴ塾”。それを少年院で話しただけ」だというが、なかなかどうして。

 この日も「僕のこじつけなんですけど」と謙遜しつつ「吐くという字は口に『+(プラス)』と『-(マイナス)』。弱音というマイナスを減らせば夢は『叶』う。『叶(かのう)』は『可能』」とホワイトボードを使って熱弁をふるった。

 ゴルゴのように、ボランティアで刑務所でのコンサートや講演を続けているタレントは多く、八代亜紀(64)は81年から女子刑務所への公演を続け、2000年に日本全国の女子刑務所を制覇。先日は、法務省が新設した「矯正支援官」に浜崎あゆみ(36)、高橋みなみ(24)、貴乃花親方(42)などが就任。「EXILE」ATSUSHI(34)は来月17日に北海道・網走刑務所を慰問することが決まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る