二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

模倣ドラマ急増も…ひと工夫で独創性出す「相棒」の強さ

公開日: 更新日:

 芸能界は「模倣」の世界といわれる。イケメンも芸人もはやると次々と似たタイプを世に送り出し、ブームを作る。作られたブームはやがて終わり、自然淘汰される。最終的に生き残るのは少数の人たち。そのイケメンブームはすでに下火傾向。芝居に専念して腕を磨いてきた小栗旬妻夫木聡らが「結婚を機に演技も変わった」といわれるように、単なるイケメン枠から卒業。役者としての地位を確立した感が最近の演技からも見て取れる。

 ドラマの世界も模倣が目に付く。テレ朝の鉄板コンテンツ「相棒」「ドクターX」を他局が模倣するように刑事物や医療物を作り出しているが、主役を旬な女優や人気者にしてもしょせんは模倣。新鮮味はない。「やはり本物のほうが面白い」と元祖に戻り「ドクターX」を見る。高視聴率につながる。

 CMの世界に面白いエピソードがある。昔、ビールのシェアで圧倒的な売り上げを誇っていた「キリン」に対抗しようと他社がビール業界に参戦。認知度を上げるために三船敏郎や高倉健ら大物俳優を起用してCMを流した。世界の三船が「うまい!」とうなる。テレビに見入るお父さんたちは「うまそう!」と酒屋に走るが、買ったビールはキリンだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る