二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

模倣ドラマ急増も…ひと工夫で独創性出す「相棒」の強さ

公開日: 更新日:

 芸能界は「模倣」の世界といわれる。イケメンも芸人もはやると次々と似たタイプを世に送り出し、ブームを作る。作られたブームはやがて終わり、自然淘汰される。最終的に生き残るのは少数の人たち。そのイケメンブームはすでに下火傾向。芝居に専念して腕を磨いてきた小栗旬妻夫木聡らが「結婚を機に演技も変わった」といわれるように、単なるイケメン枠から卒業。役者としての地位を確立した感が最近の演技からも見て取れる。

 ドラマの世界も模倣が目に付く。テレ朝の鉄板コンテンツ「相棒」「ドクターX」を他局が模倣するように刑事物や医療物を作り出しているが、主役を旬な女優や人気者にしてもしょせんは模倣。新鮮味はない。「やはり本物のほうが面白い」と元祖に戻り「ドクターX」を見る。高視聴率につながる。

 CMの世界に面白いエピソードがある。昔、ビールのシェアで圧倒的な売り上げを誇っていた「キリン」に対抗しようと他社がビール業界に参戦。認知度を上げるために三船敏郎や高倉健ら大物俳優を起用してCMを流した。世界の三船が「うまい!」とうなる。テレビに見入るお父さんたちは「うまそう!」と酒屋に走るが、買ったビールはキリンだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る