初代女将・高樹沙耶容疑者逮捕で傷ついた「相棒」の看板

公開日: 更新日:

 “元妻”が大麻所持の現行犯で逮捕とは、さしもの杉下右京も言葉がないだろう。

 高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)が大麻取締法違反で現行犯逮捕された件で25日、テレビ朝日は同日午後3時55分から再放送予定だった高樹容疑者の出演ドラマ「相棒 season7」第13話を急きょ、出演していない「相棒 season14」第12話に差し替えて放送した。

 高樹容疑者は2002年10月に放送開始の「season1」から、11年10月開始の「season10」の第1話までレギュラー出演。主役の水谷豊演じる特命係の警部・杉下右京の元妻で小料理店「花の里」の初代女将・宮部たまきを演じて物語に花を添えていた。

 高樹容疑者の逮捕に困惑しきりなのがテレビ朝日だ。「相棒」シリーズはテレ朝のキラーコンテンツで、映画版もヒットしてシリーズ化。スピンオフも製作されるなど同社の“ドル箱”だからだ。さらに夕方の再放送は「常に視聴率7、8%台をキープし、2ケタもざら。他局のニュース番組をしのぐほど」(テレ朝関係者)。それだけに、ほぼ10年にわたって「相棒」シリーズに出演していた高樹容疑者の逮捕はダメージが大きすぎる。

 テレ朝の亀山常務は昨25日の定例会見で「捜査の行方を注視していく。今後の状況を確認しながら対応する」と語っていたが、再放送以外にも発売済みのDVDなど影響は計り知れない。視聴率争いでテレ朝の大躍進を支えた最強コンテンツに大きなキズがついてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  2. 2

    相次ぐ噴火で火山灰蓄積…“災害級”冷夏の到来を専門家が指摘

  3. 3

    やはり“首相案件”「毎月勤労統計」賃金カサ上げのシナリオ

  4. 4

    良好な経済指標ズラリ 民主党政権は本当に“悪夢”だったか

  5. 5

    安倍首相イージス・アショア導入は「自宅から通えるから」

  6. 6

    嘘とごまかしだらけ…安倍化した日本はかなり劣化した

  7. 7

    結果が出る前に…安倍政権は沖縄県民投票“ガン無視”モード

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    陸自の特殊作戦群の創始者が語る「武」を放棄した国の哀れ

  10. 10

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

もっと見る