視聴率絶好調 新垣結衣「逃げ恥」が乗った動画投稿ブーム

公開日:

 新垣結衣(28)主演の連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の視聴率が上がり続けている。

 14年4月から始まった「火10」ドラマ枠は「爆死枠」とも呼ばれるほど低視聴率に喘いできたが、この「逃げ恥」で初めて初回視聴率10%超え(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。以降、一度も前回視聴率を下回ることなく右肩上がりに視聴率を伸ばし、ついに第5話では13.3%を記録してしまった。

「このところ全体的にドラマの視聴率が下がっており、各局2桁をキープするために四苦八苦してきた。新ドラマへの期待から初回で2桁視聴率を記録することがあっても、多くのドラマは途中で失速していくのが最近の傾向でした。放送を重ねるたびに視聴率を伸ばすなんて奇跡に近い」(テレビ関係者)

 同ドラマ絶好調の最大の理由は出演者たちがエンディングで踊る「恋ダンス」。初回放送直後から、「ガッキーのダンスが可愛すぎ」「神エンディング」などとネットで評判になり、1週間限定で公開されたフルバージョンはユーチューブで600万回以上再生されたほどの大ブームに。ちょうどピコ太郎の「PPAP」が一般視聴者のマネ動画の投稿で火がついたように、「恋ダンス」も一般視聴者の“踊ってみた”動画の投稿が増えたのもブームの要因だろう。それにつられて、ドラマ本編の視聴率も上がってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る