• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

視聴率絶好調 新垣結衣「逃げ恥」が乗った動画投稿ブーム

 新垣結衣(28)主演の連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の視聴率が上がり続けている。

 14年4月から始まった「火10」ドラマ枠は「爆死枠」とも呼ばれるほど低視聴率に喘いできたが、この「逃げ恥」で初めて初回視聴率10%超え(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。以降、一度も前回視聴率を下回ることなく右肩上がりに視聴率を伸ばし、ついに第5話では13.3%を記録してしまった。

「このところ全体的にドラマの視聴率が下がっており、各局2桁をキープするために四苦八苦してきた。新ドラマへの期待から初回で2桁視聴率を記録することがあっても、多くのドラマは途中で失速していくのが最近の傾向でした。放送を重ねるたびに視聴率を伸ばすなんて奇跡に近い」(テレビ関係者)

 同ドラマ絶好調の最大の理由は出演者たちがエンディングで踊る「恋ダンス」。初回放送直後から、「ガッキーのダンスが可愛すぎ」「神エンディング」などとネットで評判になり、1週間限定で公開されたフルバージョンはユーチューブで600万回以上再生されたほどの大ブームに。ちょうどピコ太郎の「PPAP」が一般視聴者のマネ動画の投稿で火がついたように、「恋ダンス」も一般視聴者の“踊ってみた”動画の投稿が増えたのもブームの要因だろう。それにつられて、ドラマ本編の視聴率も上がってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る