日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

新垣結衣「逃げ恥」の魅力は“あるかもしれない”リアルだ

 ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の津崎(星野源、適役)とみくり(新垣結衣)は、ごく普通の夫婦に見えるが実は契約結婚だ。夫が雇用主で妻は従業員。「仕事としての結婚」という設定がこのドラマのキモである。

 ヒロインのみくりは、学部と大学院、2度の就職活動に失敗。派遣社員となるが契約を切られて求職中だった。家事代行のバイトで津崎と出会い、契約結婚(事実婚)する。戸籍はそのままだが、住民票を提出することで健康保険や扶養手当もOKとなる。業務・給料・休暇などを決め、家賃・食費・光熱費は折半。もちろん性的関係は契約外だ。

「こんなの、あり得ねー」と言う人も、「あるかもしれない」と思う人も、気づけば、ガッキーと星野の奇妙な同居生活から目が離せなくなっている。2人が見せてくれる「誰かと暮らすこと」の面倒と楽しさに、不思議なリアリティーとドキドキ感があるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事