NHKが一縷の望みをかける 「SMAP紅白出場」の大バクチ

公開日:

 大晦日の第67回NHK紅白歌合戦の出場歌手発表会見が24日、東京・渋谷の同局で行われた。今回は出場40回の節目だった和田アキ子(66)を筆頭にベテラン勢が続々と落選。初出場は10組と、出演者の世代交代と視聴者層の若返りを図るNHK側の意図が色濃く反映された人選となった。

 昨年の紅白は視聴率が歴代最低の39.2%と、8年ぶりに40%割れ。今年は東京五輪が開催される2020年に向けて改革元年と位置づけているだけに失敗が許されない。そんな背水のNHKがすがるのがジャニーズ事務所である。

■ジャニーズ勢が白組4分の1を“占拠”

 最も注目されたSMAPの名前こそなかったが、ジャニーズ事務所からは、初出場のKinKi Kidsをはじめ、計6組ものグループが出場する。ジャニーズ枠としては、過去最多だった昨年の「7枠」から、単純にSMAPの分を引いただけ。23組出場する白組の中で、実に4分の1がジャニーズだ。しかも、白組司会は嵐の相葉雅紀(33)。最近はメンバーが演歌歌手らのバックで踊ることも多く、まさに“ジャニーズ祭り”と言っても過言ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る