「逃げ恥」で大ブレーク 星野源“天は三物”に事務所の戦略

公開日:

 ドラマ界からポスト・濱田岳、音楽界からはポスト・福山雅治、出版界からポスト・又吉直樹……いまやあらゆる業界から引く手あまたの存在になっているのが、マルチな才能を武器にブレーク中の星野源(35)。

 話題の連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)は、主演の新垣結衣ばかり騒がれるが、相手役の星野がいてこその人気。6日に放送された第9話の視聴率がスタート以来最高の16.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出し、一度もダウンしたことがない珍しいパターンになっている。最終回は視聴率20%超えも夢ではない。

 TBS内では久々のお宝コンテンツとして早速、シーズン2の制作や映画化に向けた動きを推し進めているとか。また、星野を巡って各局や映画会社が早くも熾烈な争奪戦を展開中だ。

「星野は俳優として宮藤官九郎や阿部サダヲが名を連ねる『大人計画』に所属。今が旬の星野の売り方も心得たもので、決して安売りしていない。事務所には毎日、企画書が10通以上届くけど、簡単にはOKを出さないそうです」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る