日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「逃げ恥」で大ブレーク 星野源“天は三物”に事務所の戦略

 ドラマ界からポスト・濱田岳、音楽界からはポスト・福山雅治、出版界からポスト・又吉直樹……いまやあらゆる業界から引く手あまたの存在になっているのが、マルチな才能を武器にブレーク中の星野源(35)。

 話題の連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)は、主演の新垣結衣ばかり騒がれるが、相手役の星野がいてこその人気。6日に放送された第9話の視聴率がスタート以来最高の16.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出し、一度もダウンしたことがない珍しいパターンになっている。最終回は視聴率20%超えも夢ではない。

 TBS内では久々のお宝コンテンツとして早速、シーズン2の制作や映画化に向けた動きを推し進めているとか。また、星野を巡って各局や映画会社が早くも熾烈な争奪戦を展開中だ。

「星野は俳優として宮藤官九郎や阿部サダヲが名を連ねる『大人計画』に所属。今が旬の星野の売り方も心得たもので、決して安売りしていない。事務所には毎日、企画書が10通以上届くけど、簡単にはOKを出さないそうです」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事