日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バカ売れ現象も今は昔 益若つばさ“盗作騒動”の大ダメージ

 自身がディレクターを務めるファッションブランドの盗作騒動について釈明・謝罪した人気モデルの益若つばさ(31)。

 ロゴ入りのサンプル商品を益若が紹介したところ、ビジュアル系バンドSuGのボーカル・武瑠がデザイナーを務めるブランドのものと酷似していると指摘されたことを受けてである。

 益若は「そんなことする(デザイン)チームではないと思っていたから本当に気付けなかったです」とまるで他人事。「悔しくて悲しくて一晩中泣きました」と心境をブログにつづったが、一連の対応に批判が殺到してしまった。

「16日未明、ツイッターで騒動が解決したことを明かしたが、当該ツイートや謝罪ツイートを削除したため“証拠隠滅”と大炎上。ネット上で武瑠ファンからも大バッシングを浴びることになった」(ファッション関係者)

 モデルの全盛期には、着用した服やアクセサリーが瞬く間に売れる現象が「つばさ売れ」とも呼ばれ話題に。その経済効果については500億円以上とまで言われた。プライベートではバツイチのシングルマザーだが、人気バンド・SEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseと交際宣言。再婚近しと言われているが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事