川谷への不信感も限界 “ゲス極”は活動自粛から空中分解へ

公開日:  更新日:

 川谷絵音(28)がボーカルをつとめる「ゲスの極み乙女。」が川谷の誕生日の3日、都内で全国ツアーの最終公演を開催。終了後、活動自粛となった。

 ベッキーとの不倫に前妻との離婚。交際相手のタレント・ほのかりんの未成年飲酒など、まるで“スキャンダルのデパート”だった川谷。自らの不徳が活動自粛を招いたようなものだが、ライブでは活動自粛について触れず、ファンに謝罪もなし。

「28歳はいい年にしたい」とのんきに話したというが、昨年の今ごろは紅白初出場も決まって飛ぶ鳥を落とす勢いだっただけに、まさか1年後に活動自粛とは思いもしなかったはずだ。

「川谷のあまりにも無責任な行為にほかのメンバーは怒り心頭。ファンにとっては残念だが、おそらく、このままなし崩し的に解散になりそうだ。特に、既婚者の美人ドラマー・ほないこかは川谷のことを毛嫌いしている。その美貌からソロプロジェクトの誘いもあるそうで、ゲスの活動自粛中に“独立”するとの見方が濃厚です」(音楽業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る