川谷への不信感も限界 “ゲス極”は活動自粛から空中分解へ

公開日: 更新日:

 川谷絵音(28)がボーカルをつとめる「ゲスの極み乙女。」が川谷の誕生日の3日、都内で全国ツアーの最終公演を開催。終了後、活動自粛となった。

 ベッキーとの不倫に前妻との離婚。交際相手のタレント・ほのかりんの未成年飲酒など、まるで“スキャンダルのデパート”だった川谷。自らの不徳が活動自粛を招いたようなものだが、ライブでは活動自粛について触れず、ファンに謝罪もなし。

「28歳はいい年にしたい」とのんきに話したというが、昨年の今ごろは紅白初出場も決まって飛ぶ鳥を落とす勢いだっただけに、まさか1年後に活動自粛とは思いもしなかったはずだ。

「川谷のあまりにも無責任な行為にほかのメンバーは怒り心頭。ファンにとっては残念だが、おそらく、このままなし崩し的に解散になりそうだ。特に、既婚者の美人ドラマー・ほないこかは川谷のことを毛嫌いしている。その美貌からソロプロジェクトの誘いもあるそうで、ゲスの活動自粛中に“独立”するとの見方が濃厚です」(音楽業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  7. 7

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る