川谷への不信感も限界 “ゲス極”は活動自粛から空中分解へ

公開日: 更新日:

 川谷絵音(28)がボーカルをつとめる「ゲスの極み乙女。」が川谷の誕生日の3日、都内で全国ツアーの最終公演を開催。終了後、活動自粛となった。

 ベッキーとの不倫に前妻との離婚。交際相手のタレント・ほのかりんの未成年飲酒など、まるで“スキャンダルのデパート”だった川谷。自らの不徳が活動自粛を招いたようなものだが、ライブでは活動自粛について触れず、ファンに謝罪もなし。

「28歳はいい年にしたい」とのんきに話したというが、昨年の今ごろは紅白初出場も決まって飛ぶ鳥を落とす勢いだっただけに、まさか1年後に活動自粛とは思いもしなかったはずだ。

「川谷のあまりにも無責任な行為にほかのメンバーは怒り心頭。ファンにとっては残念だが、おそらく、このままなし崩し的に解散になりそうだ。特に、既婚者の美人ドラマー・ほないこかは川谷のことを毛嫌いしている。その美貌からソロプロジェクトの誘いもあるそうで、ゲスの活動自粛中に“独立”するとの見方が濃厚です」(音楽業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  2. 2

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  3. 3

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  4. 4

    五輪に“感染爆発ピーク”直撃…ワクチン神話の崩壊、G7会場周辺「2450%増」の凶報

  5. 5

    民放首位「ドラゴン桜」キンプリ髙橋海人効果で逃げ切りか

  6. 6

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  7. 7

    石原さとみ「恋ぷに」打ち切りで元カレ山ピーと再共演浮上

  8. 8

    菅首相が目論む「同期のため」解散 10.21任期満了で永年在職表彰の“贈り物”を画策

  9. 9

    嫌韓層を意識?河野ワクチン大臣の交差接種「日本はやらない」発言が信じられない

  10. 10

    「ドラゴン桜」最終回“最強の助っ人”は誰だ!ガッキー、山P…大穴は仲間由紀恵

もっと見る