• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“滑舌悪い芸人”諸見里大介 極貧下積み時代はネズミと同居

 サ行の発音がうまく言えない“滑舌悪い芸人”諸見里大介さん(34)。昨年12月には「吉本新喜劇2026ファイナル!」最優秀若手座長に選ばれ、今乗りに乗っている。だが、それまでの道のりは……。

  ◇  ◇  ◇

 芸人を目指しゅために国立琉球大学を中退しゅたのは2年の時でしゅ。お母さんは猛反対。でも、オヤジは「好きなことに挑戦しゅたらいい」。しょれで吉本興業の養成所「NSC」の入学資金と当面の生活費を稼ぐために、生まれ故郷の沖縄を後に、まず富山県のアルミ製品工場でアルバイトしゅることにちたんでしゅ。

 しょしゅて2004年、大学の同期が就活に追われる頃、僕はNSCに入学。芸人の卵になりましゅた。最初に住んだのは大阪市東住吉区中野にある家賃4万円のワンルームマンション。ここから難波のNSCまで、1時間ほどかけて自転車で通学しゅてましゅた。もちゅろん、生活費を切り詰めるため。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る