“滑舌悪い芸人”諸見里大介 極貧下積み時代はネズミと同居

公開日:

 サ行の発音がうまく言えない“滑舌悪い芸人”諸見里大介さん(34)。昨年12月には「吉本新喜劇2026ファイナル!」最優秀若手座長に選ばれ、今乗りに乗っている。だが、それまでの道のりは……。

  ◇  ◇  ◇

 芸人を目指しゅために国立琉球大学を中退しゅたのは2年の時でしゅ。お母さんは猛反対。でも、オヤジは「好きなことに挑戦しゅたらいい」。しょれで吉本興業の養成所「NSC」の入学資金と当面の生活費を稼ぐために、生まれ故郷の沖縄を後に、まず富山県のアルミ製品工場でアルバイトしゅることにちたんでしゅ。

 しょしゅて2004年、大学の同期が就活に追われる頃、僕はNSCに入学。芸人の卵になりましゅた。最初に住んだのは大阪市東住吉区中野にある家賃4万円のワンルームマンション。ここから難波のNSCまで、1時間ほどかけて自転車で通学しゅてましゅた。もちゅろん、生活費を切り詰めるため。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る