“滑舌悪い芸人”諸見里大介 極貧下積み時代はネズミと同居

公開日:

 サ行の発音がうまく言えない“滑舌悪い芸人”諸見里大介さん(34)。昨年12月には「吉本新喜劇2026ファイナル!」最優秀若手座長に選ばれ、今乗りに乗っている。だが、それまでの道のりは……。

  ◇  ◇  ◇

 芸人を目指しゅために国立琉球大学を中退しゅたのは2年の時でしゅ。お母さんは猛反対。でも、オヤジは「好きなことに挑戦しゅたらいい」。しょれで吉本興業の養成所「NSC」の入学資金と当面の生活費を稼ぐために、生まれ故郷の沖縄を後に、まず富山県のアルミ製品工場でアルバイトしゅることにちたんでしゅ。

 しょしゅて2004年、大学の同期が就活に追われる頃、僕はNSCに入学。芸人の卵になりましゅた。最初に住んだのは大阪市東住吉区中野にある家賃4万円のワンルームマンション。ここから難波のNSCまで、1時間ほどかけて自転車で通学しゅてましゅた。もちゅろん、生活費を切り詰めるため。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る