• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

事務所も反撃にタジタジ 清水富美加“告白本”のインパクト

 女優の清水富美加(22)が17日、告白本「全部、言っちゃうね。」を緊急出版。芸能界引退を決意するまでの経緯や、これまでの芸能生活、何度も自殺未遂を繰り返したことなどを告白している。果たして、どこまで踏み込んだ内容になっているのか。

「読んだ感想としては、まだまだ“核心”には触れていないなという感じです。みんなが本当に知りたいのは、枕営業があったかなどの“芸能界の闇”の部分。そこまでは踏み込んでいません。ただし、出版自体には抜群のインパクトがあった。幸福の科学の広報担当の専務理事はかつて、民放の宣伝部にいたようです。発売前日の午後11時ごろに、清水本人のツイッターで出版を発表するあたりも長けていると思います」(ワイドショーデスク)

 告白本では、清水が所属する芸能プロダクション「レプロエンタテインメント」についても、次のように触れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る