日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

事務所も反撃にタジタジ 清水富美加“告白本”のインパクト

 女優の清水富美加(22)が17日、告白本「全部、言っちゃうね。」を緊急出版。芸能界引退を決意するまでの経緯や、これまでの芸能生活、何度も自殺未遂を繰り返したことなどを告白している。果たして、どこまで踏み込んだ内容になっているのか。

「読んだ感想としては、まだまだ“核心”には触れていないなという感じです。みんなが本当に知りたいのは、枕営業があったかなどの“芸能界の闇”の部分。そこまでは踏み込んでいません。ただし、出版自体には抜群のインパクトがあった。幸福の科学の広報担当の専務理事はかつて、民放の宣伝部にいたようです。発売前日の午後11時ごろに、清水本人のツイッターで出版を発表するあたりも長けていると思います」(ワイドショーデスク)

 告白本では、清水が所属する芸能プロダクション「レプロエンタテインメント」についても、次のように触れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事