• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

丹波哲郎、八千草薫も…芸能界「不倫」スキャンダル史

 芸能界と不倫は切っても切れないもの。不倫スキャンダル=芸能の歴史と言っても過言ではない。

 女性誌記者から数え、50年近く芸能人の数々の不倫を見続けてきた芸能リポーターの石川敏男氏が「最も印象に残る不倫」と語るのが、1989年の丹波哲郎・隠し子騒動だ。

「昔の日本社会はおおらかなところがあり、不倫にも寛容でした。とくに芸能界は嵐寛寿郎の時代から“愛人の1人、2人、3人、いや4人……”がいるのは当たり前とされ、嵐寛は離婚するたびに全財産を妻に渡して愛人の元に走った。そういう本音の象徴が、06年に84歳で亡くなった丹波哲郎さんでしょう。89年に隠し子が発覚したのですが、丹波さんは悪びれる様子もなく、『不倫ですよね?』と迫る我々に対し、『ああ、本当も本当。そんなことは(愛人の住む)府中の街の人ならみんな知っている。タクシーの運転手も知っていた。だから今さら皆さんが記事にするのはおかしいと思うが、どうかね?』と大真面目に話していた。別に丹波さんを擁護するつもりはないが、大企業の社長や政治家だって、大物ほど愛人を囲っているものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  5. 5

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  6. 6

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  7. 7

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る