山口もえ妊娠 睾丸摘出も衰えなかった田中裕二の生殖能力

公開日: 更新日:

 ずいぶん頑張ったんだなと感心したオトーサンは少なくないだろう。爆笑問題の田中裕二(52)がタレントで妻の山口もえ(39)との間に第1子を授かった。15年10月の入籍から1年後の昨年10月に妊娠が発覚、もえは現在5カ月だという。再婚同士だが、田中にとっては初の実子だけに喜びを爆発させている。

 “片タマ男”で知られる田中だが一貫して強気だった。2000年10月、肥大した左睾丸の摘出手術を受けた時から今日に至るまで「(睾丸が)半分になっても生殖能力は落ちない。問題ない」と力説し続けた。8日の会見でも相方の太田光(51)にイジられながらも目尻は下がりっぱなし。芸能リポーターの爆笑を誘いながら、「片タマだから子供ができないんじゃないかと誤解されるのはすごく嫌だ」と強調していた。

 昭和大学藤が丘病院泌尿器科の佐々木春明教授も、「何らかの病気で片方の睾丸を摘出したとしても、もうひとつが正常なら性欲、勃起、射精のいずれの生殖能力も問題ありません」とした上で、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る