留学専門家が指摘 ピース綾部のNY行き「ご破算」の可能性

公開日:

 チマタでは“NY行く行く詐欺”と言われているピース綾部祐二(39)。「トランプさんのせいで提出書類が増えて、手続きが難しくなって」と語っているが、実はかなり笑えない状況だという。

 所属事務所は「ビザは非公表、予定通り3月末でNYに発つ予定です」と言うが、週末に出演した「王様のブランチ」で、もうすぐ渡米と振られても苦い顔でスルー。触れないでくれと言わんばかりだ。留学1カ月前ともなれば具体的な話が出てくるはずだが、どうも留学に必須の米大使館の領事面接に落ちたんじゃないかという説が流れているのだ。

 留学の専門会社「地球の歩き方・成功する留学」の担当者に聞いたところ、実際に領事面接に落ちるパターンはあるという。

「一番ハードルが低いのがF1ビザと呼ばれる語学留学です。これから学ぶことを鑑みて就労ビザほどの高い語学力は求められません。しかし、米国行きを安易に考えている、目的がぼんやりしている人は通りにくいです。自由の国・米国は夢をサポートしてくれる、ある程度大目に見てくれるだろうと思っている場合があります。最初は語学を学ぶ、と言っていたのに、最後にはエンターテイナーになる、と言ったり、『NYでビッグになる』と答えたり目的があいまいな方がいます。それが20歳前後の若者ならいいですが、いい大人が言えば却下される可能性があります。日米の国交は変わりませんから、大統領が代わって書類が増えることはありませんが、安易に考えて書類不備だった方もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る