留学専門家が指摘 ピース綾部のNY行き「ご破算」の可能性

公開日:

 チマタでは“NY行く行く詐欺”と言われているピース綾部祐二(39)。「トランプさんのせいで提出書類が増えて、手続きが難しくなって」と語っているが、実はかなり笑えない状況だという。

 所属事務所は「ビザは非公表、予定通り3月末でNYに発つ予定です」と言うが、週末に出演した「王様のブランチ」で、もうすぐ渡米と振られても苦い顔でスルー。触れないでくれと言わんばかりだ。留学1カ月前ともなれば具体的な話が出てくるはずだが、どうも留学に必須の米大使館の領事面接に落ちたんじゃないかという説が流れているのだ。

 留学の専門会社「地球の歩き方・成功する留学」の担当者に聞いたところ、実際に領事面接に落ちるパターンはあるという。

「一番ハードルが低いのがF1ビザと呼ばれる語学留学です。これから学ぶことを鑑みて就労ビザほどの高い語学力は求められません。しかし、米国行きを安易に考えている、目的がぼんやりしている人は通りにくいです。自由の国・米国は夢をサポートしてくれる、ある程度大目に見てくれるだろうと思っている場合があります。最初は語学を学ぶ、と言っていたのに、最後にはエンターテイナーになる、と言ったり、『NYでビッグになる』と答えたり目的があいまいな方がいます。それが20歳前後の若者ならいいですが、いい大人が言えば却下される可能性があります。日米の国交は変わりませんから、大統領が代わって書類が増えることはありませんが、安易に考えて書類不備だった方もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る