日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

深夜ドラマ「笑う招き猫」 ヒロイン清水富美加が生き生き

 小説「笑う招き猫」は作家・山本幸久のデビュー作。売れない女性漫才コンビ「アカコとヒトミ」の笑える奮闘物語だ。深夜ドラマ「笑う招き猫」は今月末に公開される映画への助走というか、サイドストーリーである。

 特筆すべきはキャストで、ヒトミが出家騒動で注目された清水富美加、アカコは元SKE48の松井玲奈だ。もちろん映画と同じ布陣だが、連続モノである分、この漫才コンビのおかしさをじわじわと味わうことができる。

 毎回、2人はプロモーション用のネット動画を制作していく。動画の中身は、爆睡しているアカコに早朝バズーカならぬ早朝大爆破を仕掛けたり、ボウリングの球をヒトミの顔面に直撃させたりとバカバカしい。その一部始終をネットに上げるが、再生回数は伸びない。ドラマ自体が、動画のメーキング映像みたいな雰囲気になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事