碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

深夜ドラマ「笑う招き猫」 ヒロイン清水富美加が生き生き

公開日: 更新日:

 小説「笑う招き猫」は作家・山本幸久のデビュー作。売れない女性漫才コンビ「アカコとヒトミ」の笑える奮闘物語だ。深夜ドラマ「笑う招き猫」は今月末に公開される映画への助走というか、サイドストーリーである。

 特筆すべきはキャストで、ヒトミが出家騒動で注目された清水富美加、アカコは元SKE48の松井玲奈だ。もちろん映画と同じ布陣だが、連続モノである分、この漫才コンビのおかしさをじわじわと味わうことができる。

 毎回、2人はプロモーション用のネット動画を制作していく。動画の中身は、爆睡しているアカコに早朝バズーカならぬ早朝大爆破を仕掛けたり、ボウリングの球をヒトミの顔面に直撃させたりとバカバカしい。その一部始終をネットに上げるが、再生回数は伸びない。ドラマ自体が、動画のメーキング映像みたいな雰囲気になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  4. 4

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る