日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHKが異例特集 清水富美加で露呈した“奴隷契約”の深い闇

 もはや社会問題と言っていいだろう。芸能人の“奴隷契約”だ。1日のNHK「クローズアップ現代+」では、「芸能人が事務所をやめるとき~“契約解除”トラブルの背景を追う~」と題した特集を放送。その踏み込んだ内容に波紋が広がっている。

 番組では、幸福の科学に出家し芸能界を引退した女優の清水富美加(22)らをピックアップ。清水の父親が契約解除の問題についてコメントを寄せる一方、業界で隠然たる力を持つ「日本音楽事業者協会」(音事協)にも取材。お笑いコンビ「爆笑問題」の所属事務所社長の太田光代氏らも出演しコメントしていた。

「放送日はちょうど女優の堀北真希さんの引退が報じられた日でした。太田さんは、堀北さんについて『美しくさわやかな引退』と表現していましたがトンデモナイ。若いころから生活を厳しくチェックされ、夫・山本耕史と結婚する際も所属事務所から猛反対された。堀北さんと事務所との間には深い溝があったといいます」(芸能リポーター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事