日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

寡黙に徹した役所広司と実力派俳優陣が演じた福島の6年間

 23日から2夜連続で、NHKが特集ドラマ「絆~走れ奇跡の子馬~」を放送した。東日本大震災で牧場と家族を失った福島の一家が、震災の日に生まれた子馬を競走馬として育てていく物語だ。

 松下拓馬(岡田将生)は震災の中で馬の出産に立ち会い、子馬を守る形で亡くなった。地元からGⅠ馬を生み出すという拓馬の夢を実現すべく、必死で踏ん張る父・雅之(役所広司)。看護師として働きながら牧場を支えてきたが、息子の死にショックを受ける母の佳世子(田中裕子)。震災を機に東京から戻って父を助ける拓馬の妹・将子(新垣結衣)。力のある役者が現地の人々の6年間を誠実に演じていた。

 父と娘は北海道の生産育成牧場に子馬を預けようとするが、「あの馬、被ばくしていないと言い切れるのか」と断られる。また新たな牧場を作ろうとした土地は除染廃棄物置き場となって使えない。当人たちではどうにもならない悔しさ。そうした苦い現実が描かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事