日本で知った酒の味 サンコンさん“山手線3周”の思い出

公開日:

 春の叙勲で「旭日双光章」を受章したタレントでギニア大使館補佐官のオスマン・サンコンさん(68)。1972年の来日以来、日本と母国ギニアの友好親善に尽力してきたことを評価されての栄誉だが、来日するまで意外にも酒とは無縁だった。

 ◇  ◇  ◇

 お酒? 大好きよ。週のうち半分以上は飲んでるから。「1コン、2コン、サンコン」は古いね。今は「イッコン(1献)、ニコン(2献)、サンゴウ(3合)、ギニアは4号(合)までOKよ」って言ってるくらい(笑い)。ギニアはムスリム(イスラム教徒)が多くて奥さんは4人までもらえるからね。

 でも、酒は日本に来るまで一滴も飲んだことなかったの。ギニアでは宗教上の理由に加えて、酒を飲むと生活がダラしなくなる人が多いから「酒飲みには娘を嫁にやらない」って家庭が多くて、今でも飲酒はタブー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る