子供将棋スクール会員急増…藤井四段“快進撃”の波及効果

公開日:  更新日:

 大フィーバーだ。最年少棋士・藤井聡太四段(14)が25連勝を達成。連勝記録だけでなく、経済効果でも快進撃を続けている。

 日本将棋連盟が運営する「子供将棋スクール」は千駄ケ谷の将棋会館のほか新宿、横浜など首都圏5カ所に開設しているが、ここにきて会員が増加。昨年5月の366人が今年は502人に増えた。同スクールは入会金5000円、月会費は6300円だ。

 7日に売り出した自筆の文字入り扇子(2268円)は30分で完売。12日はクリアファイル(324円)が午前10時からの2時間で売り切れた。

「どちらも販売数は公表していません。クリアファイルは追加製造が可能なので、出来上がり次第また販売する予定。新しいグッズも企画していると思います」(将棋連盟の担当者)

 藤井フィーバーはネットオークションにも波及している。ヤフオクでは自筆扇子が開始価格2万1000円で売り出されている。別の扇子は1000円スタートで、結局3万500円で落札された。メルカリではさっそくクリアファイルが出品され、1枚3333円で売却された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る