日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

子供将棋スクール会員急増…藤井四段“快進撃”の波及効果

 大フィーバーだ。最年少棋士・藤井聡太四段(14)が25連勝を達成。連勝記録だけでなく、経済効果でも快進撃を続けている。

 日本将棋連盟が運営する「子供将棋スクール」は千駄ケ谷の将棋会館のほか新宿、横浜など首都圏5カ所に開設しているが、ここにきて会員が増加。昨年5月の366人が今年は502人に増えた。同スクールは入会金5000円、月会費は6300円だ。

 7日に売り出した自筆の文字入り扇子(2268円)は30分で完売。12日はクリアファイル(324円)が午前10時からの2時間で売り切れた。

「どちらも販売数は公表していません。クリアファイルは追加製造が可能なので、出来上がり次第また販売する予定。新しいグッズも企画していると思います」(将棋連盟の担当者)

 藤井フィーバーはネットオークションにも波及している。ヤフオクでは自筆扇子が開始価格2万1000円で売り出されている。別の扇子は1000円スタートで、結局3万500円で落札された。メルカリではさっそくクリアファイルが出品され、1枚3333円で売却された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事