スマホ不正騒動で3理事解任 将棋連盟なぜここまで揺れた

公開日:

 90年の日本将棋連盟の歴史の中でも驚天動地の日となった。

 先月27日、連盟が臨時総会を開き、解任動議が出ていた5人の理事の賛否投票を行った。“スマホ不正”の疑いをかけられた三浦弘行九段(43)を巡るゴタゴタの責任を追及された格好だが、「解任まではない」という下馬評を覆して青野照市専務理事(九段)、中川大輔常務理事(八段)、片上大輔常務理事(六段)の3理事の“解任”が賛成多数で可決された。この件ではすでに、谷川浩司会長と島朗常務理事が辞任している。

「臨時総会にもかかわらず、現役・OB・女流棋士で構成される正会員234人のうち、羽生善治三冠ら216人(委任状が64人)が出席。今回、『三浦九段にスマホの将棋ソフトによる不正の疑いがある』と内部告発した渡辺明竜王(32)は最前列に陣取っていて、表情を読み取れませんでした。『今も不正があったと思っているか』という質問には無言でした」(連盟関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る