三浦九段は不正を否定 スマホ将棋ソフトは対局にプラスか

公開日: 更新日:

 対局中にスマホでカンニング――15日から始まる将棋の竜王戦に出場予定だった三浦弘行九段(42)に、そんな疑惑が浮上している。対局中にたびたび離席するのは将棋ソフトをのぞき見するためではないか、というのだ。

 三浦九段の過去の対戦相手から“密告”があったという日本将棋連盟は12日、三浦九段の竜王戦出場を取り消した。三浦九段といえば、20年前に羽生善治名人を破り“七冠”の一角を崩したこともある実力者だ。それだけに大騒ぎになっているが、「ハイレベルの対局で将棋ソフトで不正ができるのか」「ハメられたんじゃないか」なんて指摘もある。

 元「週刊将棋」編集長で大阪商業大アミューズメント産業研究所主任研究員の古作登氏もこう言って首をひねる。

「そもそも、プロを負かすレベルの将棋ソフトを使うには、高性能のパソコンが必要です。スマホ程度(の処理能力)では対応できません。スマホの将棋ソフトは、せいぜい一般人の遊びレベル。離席してのぞき見たところで、プラスになるとは思えません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  4. 4

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  9. 9

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  10. 10

    「行列の女神」極寒ロケで鈴木京香が配った手土産の気配り

もっと見る