三浦九段は不正を否定 スマホ将棋ソフトは対局にプラスか

公開日:  更新日:

 対局中にスマホでカンニング――15日から始まる将棋の竜王戦に出場予定だった三浦弘行九段(42)に、そんな疑惑が浮上している。対局中にたびたび離席するのは将棋ソフトをのぞき見するためではないか、というのだ。

 三浦九段の過去の対戦相手から“密告”があったという日本将棋連盟は12日、三浦九段の竜王戦出場を取り消した。三浦九段といえば、20年前に羽生善治名人を破り“七冠”の一角を崩したこともある実力者だ。それだけに大騒ぎになっているが、「ハイレベルの対局で将棋ソフトで不正ができるのか」「ハメられたんじゃないか」なんて指摘もある。

 元「週刊将棋」編集長で大阪商業大アミューズメント産業研究所主任研究員の古作登氏もこう言って首をひねる。

「そもそも、プロを負かすレベルの将棋ソフトを使うには、高性能のパソコンが必要です。スマホ程度(の処理能力)では対応できません。スマホの将棋ソフトは、せいぜい一般人の遊びレベル。離席してのぞき見たところで、プラスになるとは思えません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る