• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

三浦九段は不正を否定 スマホ将棋ソフトは対局にプラスか

 対局中にスマホでカンニング――15日から始まる将棋の竜王戦に出場予定だった三浦弘行九段(42)に、そんな疑惑が浮上している。対局中にたびたび離席するのは将棋ソフトをのぞき見するためではないか、というのだ。

 三浦九段の過去の対戦相手から“密告”があったという日本将棋連盟は12日、三浦九段の竜王戦出場を取り消した。三浦九段といえば、20年前に羽生善治名人を破り“七冠”の一角を崩したこともある実力者だ。それだけに大騒ぎになっているが、「ハイレベルの対局で将棋ソフトで不正ができるのか」「ハメられたんじゃないか」なんて指摘もある。

 元「週刊将棋」編集長で大阪商業大アミューズメント産業研究所主任研究員の古作登氏もこう言って首をひねる。

「そもそも、プロを負かすレベルの将棋ソフトを使うには、高性能のパソコンが必要です。スマホ程度(の処理能力)では対応できません。スマホの将棋ソフトは、せいぜい一般人の遊びレベル。離席してのぞき見たところで、プラスになるとは思えません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る