井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

必然だった小出恵介騒動 SNSで相次いだ複数女性の証言

公開日: 更新日:

 炎上とは、「何かの言動に対して大規模かつ集中して起こる、消費者や情報の受け手からの批判的な意見、評価が継続している状態」のことだといえる。限られた人たちだけが興味を持つ話題やローカルニュースなど、小さい規模で批判が集中するケースは、実は少なくない。だが、関係する人物や被害などでよほど衆目をひく要素がない限り、到達力が弱く炎上にまで発展することはまれだ。

 一方、政治家や芸能人などの、言動が常に注目を浴びる、あるいは派手な振る舞いで目立とうとしている人たちは、多少知名度が劣っても、起こした事柄がくだらなくても炎上に遭いやすい。普段、自ら手を挙げて注目させているばかりでなく、私人ではないので誰もが批判的に反応できるので、日頃の憂さを晴らし、留飲を下げるにはもってこいなのだ。逆に言えば、有名人の炎上商法=焼け太りが成り立つメカニズムでもあり、知名度のない一般人や企業が炎上商法をやるならば、よほどうまく仕掛けないと単に嫌われて終わるだけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  8. 8

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る