井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

必然だった小出恵介騒動 SNSで相次いだ複数女性の証言

公開日:  更新日:

 炎上とは、「何かの言動に対して大規模かつ集中して起こる、消費者や情報の受け手からの批判的な意見、評価が継続している状態」のことだといえる。限られた人たちだけが興味を持つ話題やローカルニュースなど、小さい規模で批判が集中するケースは、実は少なくない。だが、関係する人物や被害などでよほど衆目をひく要素がない限り、到達力が弱く炎上にまで発展することはまれだ。

 一方、政治家や芸能人などの、言動が常に注目を浴びる、あるいは派手な振る舞いで目立とうとしている人たちは、多少知名度が劣っても、起こした事柄がくだらなくても炎上に遭いやすい。普段、自ら手を挙げて注目させているばかりでなく、私人ではないので誰もが批判的に反応できるので、日頃の憂さを晴らし、留飲を下げるにはもってこいなのだ。逆に言えば、有名人の炎上商法=焼け太りが成り立つメカニズムでもあり、知名度のない一般人や企業が炎上商法をやるならば、よほどうまく仕掛けないと単に嫌われて終わるだけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る