商社マンが噺家に 立川志の春は入門翌年の“請求額”に仰天

公開日: 更新日:

 米エール大卒で三井物産に入社、バリバリの営業マンだった落語家の立川志の春さん(40)。将来を嘱望されながら、立川志の輔門下に飛び込んだのは2002年10月。ワンルームマンションからネズミが走り回るアパート暮らしに生活が一変……。

 ◇  ◇  ◇

 ボッと突然、音がしたんですよ。振り向いたらなんと、室内のコンセントが燃えてるじゃないですか。あれにはたまげました。火事にならなくて本当によかった。

 都内にも大雪が降った11年前の1月ごろです。住んでいたのは恵比寿のアパート2階の4畳半。コンセントがたった一つしかないので、タコ足配線にしたのが原因です。そんな風呂なしトイレ共同の部屋に住んでいたのは、見習い期間を含め03年から約7年。今は廃業してしまい跡形もありませんが、下積み時代は大変お世話になりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る