日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

山口智子がいい味 大根監督版「ハロー張りネズミ」の魅力

 瑛太主演のTBS系連続ドラマ「ハロー張りネズミ」。弘兼憲史の原作漫画は80年の作品だ。何度か映像化されているが、再び実写で見られるとは思わなかった。しかも演出・脚本は、「まほろ駅前番外地」(テレビ東京系)や「リバースエッジ 大川端探偵社」(同)の大根仁監督である。

 あかつか探偵事務所は東京・下赤塚(東武東上線)にある。所長の風かおる(山口智子)、調査員の七瀬五郎(瑛太)と木暮久作(森田剛)。3人だけの小さな所帯だ。大手が請け負わない「こぼれ仕事」や「汚れ仕事」が回ってくる。

 第1話に登場したのは交通事故で娘を失った男(伊藤淳史)。同じ事故で危篤状態の妻に、娘の元気な姿を見せたいというのが依頼だ。五郎たちは、その娘によく似た女の子を求めて奔走する。また第2話では、自殺した父親(平田満)の汚名をそそごうとする娘・四俵蘭子(深田恭子)が現れた。こちらは前後編で、爆破シーンもある豪華版。深田の“謎の美女”ぶりも楽しめる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事