日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

拒否か支持か 錦戸亮「ウチの夫は仕事ができない」の挑戦

 日本テレビの土曜夜10時は、かつて「土曜グランド劇場」と呼ばれていた伝統のドラマ枠だ。水谷豊主演「熱中時代」シリーズや西田敏行の「池中玄太80キロ」といったヒット作も多い。「ウチの夫は仕事ができない」は、往年の土曜グランドを思わせる“お仕事ホームドラマ”だ。

 人物像や設定に特色があり、結構笑わせて、ちょっと泣かせてくれる。イベント会社勤務の夫・小林司(錦戸亮)、妊娠中の妻・沙也加(松岡茉優=写真)。司は真面目で人柄もいいのだが、バリバリ仕事! というタイプではない。むしろ上司や同僚から「お荷物」扱いされる崖っぷち社員だ。

 そんな司のことを「仕事もできる理想の夫」だと思っていた沙也加は、夫の会社での評価を最近知ったばかり。何とか夫の役に立とうと、仕事のハウツーを即席で学び、アドバイスしていく。

 錦戸が演じる司は、いわば“無垢なる魂”の持ち主だ。手柄を後輩に横取りされても黙ってほほ笑んでいる。そんな男が妻子を抱え、厳しい競争社会をどう生き抜いていくのか。そこが見どころとなる。

 第2のポイントは驚きのミュージカル場面だ。「♪ない、未来がない」などと歌って踊るシーンが挿入される、プチ「ラ・ラ・ランド」仕様に拒否反応を示す視聴者もいるだろう。しかし、ここは制作側のチャレンジ精神を支持したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事