最大の障壁はジャニーズ…光GENJI「再結成」現実味あるか

公開日:

「そう簡単じゃないですよ」と、古参の芸能関係者は言った。80年代後半に大人気だった光GENJIの結成から30周年となる今年、諸星和己(47)が元メンバーで最近また集まっていることをテレビで告白。「7人で集まるってことは、気持ちは何かあると思う」とコメントしたため、再結成の機運が高まっている。

 集まった席でコンサートをやろうという話にならないかとの質問に、同じ番組で諸星は「不思議とプライベートではならない。多分、恥ずかしいのか、自分の責任になるのが怖いんですよ」とも語り、元メンバーからの具体的な声や動きがあるわけではないことも告白している。再結成はあるのか、ないのか、今のところは不明確だ。冒頭の関係者がこう言う。

「本人たちがヤル気でも、現実になる見通しはないに等しいからですよ。同じ元ジャニーズでは、フォーリーブスが02年に再結成し、往年のファンは喜びました。あのときは元メンバーが揃ってメリー(喜多川副社長)さんのもとへお願いに行って『いいんじゃないの』と認めてもらった。光GENJIの場合、素行不良でジャニーズを辞めた諸星らが今さら頭を下げに行ったとしても、『どうぞご勝手に』とあしらわれるだけでしょう。再結成するにしても、楽曲の権利はジャニーズにあって、それらは使えないし、グループ名も使えない。それだけじゃない。元リーダーの内海光司と佐藤アツヒロはいまもジャニーズ所属で、再結成に参加するならば、ジャニーズを出るしかない。事務所内で相応のポジションを築いているのに、生活の安定を捨ててまで再結成に動くかどうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る