• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“型破り”ジャニーズ手越祐也のルーツは「光GENJI」諸星にあり

投稿日:  更新日:

「週刊文春」が報じたNEWSの手越祐也とAKB48の柏木由紀の抱擁写真騒動を受け、同誌の直撃を受けた手越が堂々と取材に応じた。内容は柏木との関係を否定するものだが、ジャニーズの現役アイドルが直撃に応じたこと自体、「芸能ニュース」である。

 アイドルに限らず芸能人の多くが直撃に対し、無言か「事務所を通して下さい」というのが通常のパターン。それを手越は柏木との件を「いや、別にッスね」とテレビで見せる言動のままに答えた。かつてアイドルは聖人君子のような正統派アイドルが主流だった。今なら「嵐」の桜井翔が伝統的な正統派アイドルと思う。手越は正統派とは違う。頭は金髪、若者らしいノリとぶっちゃけたトークは「チャラ男」そのもの。アイドルは虚像の部分が多いが、手越は実像のままアイドルになった感がある。それが手越の売りでもあり、「アイドルとは思えない面白さ」と評する声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る