過去の教訓どこへ 24時間マラソン走者“当日発表”の危うさ

公開日: 更新日:

 来年はもう走らないほうがいいかもしれない。

 26、27日に放送された日本テレビ系「24時間テレビ」。放送当日に発表されたチャリティーマラソンのランナーはお笑い芸人のブルゾンちえみ(27)だった。放送開始約1時間後に、ランナー決定を知らされたブルゾンは、最初は複雑な表情を浮かべながらも、約90キロを走り切った。

「誰が走るか、知っていたのは、番組スタッフのほんの数人です。日テレ社長ですら教えてもらえなかったほど、今年は厳重な“箝口令”が敷かれていた。誰が走るんだ――と視聴者には興味を持ってもらえたかもしれないが、かなり危険な橋を渡っていたといっていい。2日間も寝ずに走るのですから、当然、入念なトレーニングが必要。事前の健康診断も欠かせない。今回のようにサプライズ発表されると、番組スタッフも万全な体制をつくるのに、かなり苦労する。ブルゾンがどこまで本気で練習していたかはわかりませんが、誰が走るかわからない状態で、練習にも身が入らなかったのではないか」(日テレ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレビ朝日がスクープ撮 小室圭さんの生活を揺るがす「職場さらし」は許されるのか(成城大学教授・森暢平)

    テレビ朝日がスクープ撮 小室圭さんの生活を揺るがす「職場さらし」は許されるのか(成城大学教授・森暢平)

  2. 2
    NiziU初ライブにもファン失望…コロナ禍で人気頭打ち、グループ存続も“黄信号”寸前

    NiziU初ライブにもファン失望…コロナ禍で人気頭打ち、グループ存続も“黄信号”寸前

  3. 3
    最強横綱・白鵬ついに引退決意…「一代年寄」望むも品格ゼロで“襲名NO”か

    最強横綱・白鵬ついに引退決意…「一代年寄」望むも品格ゼロで“襲名NO”か

  4. 4
    安倍前首相が高市氏肩入れから一転…「撃ち方やめ」の大号令で河野氏勝利を絶対阻止

    安倍前首相が高市氏肩入れから一転…「撃ち方やめ」の大号令で河野氏勝利を絶対阻止

  5. 5
    「高市推し」シンパの錯乱暴走…凄まじい河野氏叩き、陣営がいさめてももう止まらない

    「高市推し」シンパの錯乱暴走…凄まじい河野氏叩き、陣営がいさめてももう止まらない

もっと見る

  1. 6
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 7
    「どれもクソみたいな不祥事」K-POPスターたちの転落、女性ファン失望させ再起不能に

    「どれもクソみたいな不祥事」K-POPスターたちの転落、女性ファン失望させ再起不能に

  3. 8
    巨人自力V消滅で迫る「粛清のオフ」 V逸なら詰め腹切らされるのは…原監督じゃない

    巨人自力V消滅で迫る「粛清のオフ」 V逸なら詰め腹切らされるのは…原監督じゃない

  4. 9
    懲りない昭恵夫人「勝負の3週間」でも“マスクなし密旅行”

    懲りない昭恵夫人「勝負の3週間」でも“マスクなし密旅行”

  5. 10
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念