24時間テレビ巡り…日テレvs報道陣“一触即発”の異常事態

公開日: 更新日:

 今月26日から放送される日本テレビ系「24時間テレビ」の番組PRを巡り、局の広報・宣伝部と報道陣が一触即発の事態に陥っているらしい。日テレサイドが異例の“情報統制”を敷いていることから、スポーツ紙やテレビ誌などの記者が、一斉に反発しているという。

 事の発端はチャリティーマラソンランナーを巡る情報合戦。これまでアンジャッシュの渡部建りゅうちぇるみやぞんら、さまざまな名前が報じられた。

「日テレは『26日当日の放送を見ろ』というだけ。あまりの冷たい対応に、記者から大ブーイングが上がったんです。日テレの担当記者としては『はい、分かりました』と簡単に引き下がれない。窓口となる宣伝部の担当者から情報を取ろうとするが『知らない』『教えられない』の一点張り。しかも、申し訳なさそうな態度ならともかく、30歳前後の若造が実に偉そうな態度で接していて、猛反発を買っています」(日テレ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る