武井咲“違約金”は10億円単位か CM&ドラマは徐々に消滅へ

公開日:  更新日:

 EXILEのTAKAHIRO(32)との結婚、妊娠を発表した女優の武井咲(23)。芸能界からは祝福の声が相次いでいるが、武井の所属事務所・オスカープロモーションは複雑な思いだろう。ここまで女優として育ててきて、ようやくこれから本格的に売り出し、バリバリ稼いでもらうぞ――という矢先だったからだ。年内のドラマ出演などは可能だろうが、年明けからは出産準備に入るため、その後、最低でも1、2年の休養を余儀なくされる。スポーツ紙芸能デスクがこう言う。

「発表を聞いて、まず頭に浮かんだのがオスカーの古賀誠一社長の顔です。所属する若手女優の中で“ポスト米倉涼子”として、一番の期待を寄せていた。武井と剛力彩芽のどちらを積極的に売り出していこうかという話になった時、他の幹部が剛力の名前を挙げる中、古賀社長だけは武井を推したのです。それだけ期待が大きかった。今は頭を抱えているのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る