斉藤由貴の不倫で議論 アラフィフ世代の“よろめき”願望

公開日:

 斉藤由貴(51)の不倫騒動が、多方面に波及している。キスに下着と、プライベート写真の相次ぐ流出で、完全否定していた不倫関係はズブズブだったことが明るみに。好餌とばかりに、週刊誌やテレビのワイドショーでは侃々諤々の議論が巻き起こっている。

 斉藤が先の記者会見で発したコメントが真っ赤な嘘だったことについて厳しい目が注がれる一方、タレントのYOU(53)は「これで済むんだったらって思ったんじゃないの。嘘つきたいわけじゃないんですけど」などとし、斉藤に成長期の子どもが3人いることを鑑みれば、仕方ない部分もあるんじゃないかと理解を示していた。芸能コラムニスト、おおしまりえさんの見方はこうだ。

「不倫への嫌悪感はあるものの、斉藤さんの年代の方にとっては、身につまされる部分もあるということじゃないでしょうか。あの会見では、たしかに嘘もありましたけど、正直に胸中を話している部分もあった。男性医師に信頼を寄せていること、これだけの騒動になりながら、ご主人にはまだ何も話していないこと、あまり風通しが良いとはいえない夫婦関係であることです。子どもに手がかからなくなるにつれ、斉藤さん世代は女としての自分を見直し、これまでやりたくてもできなかったことを考えていたりするそうです。私が調べた範囲では、世の女性は斉藤さんの騒動に関心を寄せてはいても、バッシングというところまでいってはいません。同じ女として心情を理解できる部分もあるからではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る