• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鈴木砂羽の土下座騒動 “コミュニケーション不足”も一因か

 女優の鈴木砂羽(44)主演&初演出で公演中の舞台「結婚の条件」をめぐるトラブルが各方面に波及している。13日初日を迎えたが、降板した女優2人の所属事務所が「人道にもとる数々の行為があった」とし、鈴木から罵倒され、土下座を強要されたと主張。

 プロデューサーの江頭美智留さん(54)は「鈴木さんから土下座するようにとは決して言っていない。罵声も全くありません」と言う。鈴木砂羽は「がんばります」とマスコミの直撃に意味深な笑顔を見せただけで、口をつぐんでいるが、鈴木が出演するドラマへの影響にも報道が及ぶなど、不穏な様相なのだ。

 スポーツ紙などによると、トラブル劇の舞台は今月9日の稽古。通し稽古が終わり、女優の鳳恵弥(36)と牧野美千子(52)が別の仕事のため、稽古場を後にしようとしたところ、鈴木は「2回通し稽古をしたかったのに誰かのせいでできない」と、準備していたかのように共演者たちの前で鳳と牧野を罵倒したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る