鈴木砂羽の土下座騒動 “コミュニケーション不足”も一因か

公開日:

 女優の鈴木砂羽(44)主演&初演出で公演中の舞台「結婚の条件」をめぐるトラブルが各方面に波及している。13日初日を迎えたが、降板した女優2人の所属事務所が「人道にもとる数々の行為があった」とし、鈴木から罵倒され、土下座を強要されたと主張。

 プロデューサーの江頭美智留さん(54)は「鈴木さんから土下座するようにとは決して言っていない。罵声も全くありません」と言う。鈴木砂羽は「がんばります」とマスコミの直撃に意味深な笑顔を見せただけで、口をつぐんでいるが、鈴木が出演するドラマへの影響にも報道が及ぶなど、不穏な様相なのだ。

 スポーツ紙などによると、トラブル劇の舞台は今月9日の稽古。通し稽古が終わり、女優の鳳恵弥(36)と牧野美千子(52)が別の仕事のため、稽古場を後にしようとしたところ、鈴木は「2回通し稽古をしたかったのに誰かのせいでできない」と、準備していたかのように共演者たちの前で鳳と牧野を罵倒したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る