弁護士事務所を窓口に 稲垣吾郎はゴルフ打ちっぱなし三昧

公開日:

「本当に感謝の気持ちでいっぱいです。皆さんの気持ちを一生忘れることなく芸能活動をずっと続けていきたいなと思っています」――。

 今月8日にジャニーズ事務所を退所後、稲垣吾郎(43)が初めて自分の言葉で今後について言及したのは13日放送のラジオ番組だった。

 稲垣がパーソナリティーを務める文化放送「編集長 稲垣吾郎」は10月以降も継続。退所後は元マネジャーの飯島女史のもとへ即合流かと思われたが、草彅剛、香取慎吾と同じく弁護士事務所を窓口にして芸能活動を行うという。

「飯島氏といきなり合流すれば業界全体に波風が立つ。飯島氏は自分が表に出るのではなく、親交の深い元フジテレビのプロデューサーが立ち上げたマネジメント会社に稲垣ら3人を所属させるつもりではないかとみられています」(芸能関係者)

 最近は時間があるのかゴルフの打ちっぱなしに行くのが日課という稲垣。退所後1年といわれる“移行期間”が終わり、辣腕の飯島氏が本格始動すればそんな暇もなくなりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る