美川憲一が予言? 覚醒剤で逮捕された清水良太郎の“悪評”

公開日:

「美川憲一は予言していたのか」などとネット上で騒がれている。

 覚醒剤使用の疑いで11日、警視庁目白署に逮捕されたタレントの清水良太郎容疑者(29=東京都中野区江古田)。ものまねタレント清水アキラ(63)の三男だ。清水容疑者は「覚醒剤については使った覚えはない」などと容疑を否認しているという。

 目白署などによると、10日午後1時40分ごろ、豊島区西池袋のシティーホテルにいた30代の女性から「男に薬物を飲まされた」と110番通報があったという。

「“ご休憩”が7000~8000円ぐらいのホテルで、女性はデリヘル嬢のようです。駆け付けた署員が、車でホテルから出ようとしていた清水容疑者に職務質問をかけ、任意同行。尿検査で陽性反応が出ました。今のところ車の中から覚醒剤や、使用するための器具などは見つかっていない。女性も尿検査を受け、陰性だったそうですが、体調を崩し、病院に救急搬送されています」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る