清水良太郎逮捕は「テニミュの呪い」? ファンの間で物議

公開日:

 覚醒剤使用の疑いで逮捕されたことが明らかになったタレントの清水良太郎容疑者(29)。今年2月に違法カジノに出入りしていたことが発覚して謹慎、6月に復帰した矢先の逮捕にはあきれるほかないが、そんな中、一部で「また、あのミュージカルから逮捕者が……」という声が上がっている。

 取りざたされているのは、ミュージカル「テニスの王子様」。原作は中学校の男子テニス部を描いた許斐剛氏によるマンガで、これまでにアニメ化(2001年~05年)されたほか、03年~10年にはミュージカル(通称:テニミュ)として舞台化もされた。

 清水容疑者は主要な役柄ではなかったが、08年~09年にかけて行われた公演に出演していた。実際、このミュージカル、歴代の出演者を見ると確かに逮捕者が相次いでいる。

 05年公演に出演していた男性俳優は11年、知人女性宅からキャッシュカードを盗んだとして逮捕。この俳優は同年、某女性芸能人と金銭トラブルを起こした疑惑も浮上するなど、いわくつきの人物だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る