トランプが機密公開へ 「ケネディ暗殺」映画はどう描いた

公開日:

 トランプ大統領が、20世紀最大の謎と呼ばれる1963年のケネディ米大統領暗殺事件について、CIAが非公開とした機密文書も含め公開していく意向を示して大きな話題になっている。

 史上初の日米間テレビ宇宙中継の受信実験中に起き、大統領が頭部を吹き飛ばされる衝撃映像が何度も放映されたため、日本人にも大きな衝撃を巻き起こした歴史的事件。これまで関連資料の多くが機密だったため、政府の公式見解に反論する書籍や映画がちまたにあふれかえり、「陰謀論」の言葉が広まるきっかけにもなった。

 こうした経緯について、映画批評家の前田有一氏が解説する。

「映画の世界では、この事件はエンタメ、社会派、ドキュメンタリーなど、あらゆるジャンルで扱われてきました。たとえばクリント・イーストウッド演じる、ケネディを救えなかった警護官がリベンジに挑むアクション『ザ・シークレット・サービス』など、娯楽映画の設定として使われたケースもあります。しかし王道は、やはり暗殺の真相に迫る『陰謀論・解明もの』でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る