トランプが機密公開へ 「ケネディ暗殺」映画はどう描いた

公開日:

 トランプ大統領が、20世紀最大の謎と呼ばれる1963年のケネディ米大統領暗殺事件について、CIAが非公開とした機密文書も含め公開していく意向を示して大きな話題になっている。

 史上初の日米間テレビ宇宙中継の受信実験中に起き、大統領が頭部を吹き飛ばされる衝撃映像が何度も放映されたため、日本人にも大きな衝撃を巻き起こした歴史的事件。これまで関連資料の多くが機密だったため、政府の公式見解に反論する書籍や映画がちまたにあふれかえり、「陰謀論」の言葉が広まるきっかけにもなった。

 こうした経緯について、映画批評家の前田有一氏が解説する。

「映画の世界では、この事件はエンタメ、社会派、ドキュメンタリーなど、あらゆるジャンルで扱われてきました。たとえばクリント・イーストウッド演じる、ケネディを救えなかった警護官がリベンジに挑むアクション『ザ・シークレット・サービス』など、娯楽映画の設定として使われたケースもあります。しかし王道は、やはり暗殺の真相に迫る『陰謀論・解明もの』でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る