トランプが機密公開へ 「ケネディ暗殺」映画はどう描いた

公開日: 更新日:

 トランプ大統領が、20世紀最大の謎と呼ばれる1963年のケネディ米大統領暗殺事件について、CIAが非公開とした機密文書も含め公開していく意向を示して大きな話題になっている。

 史上初の日米間テレビ宇宙中継の受信実験中に起き、大統領が頭部を吹き飛ばされる衝撃映像が何度も放映されたため、日本人にも大きな衝撃を巻き起こした歴史的事件。これまで関連資料の多くが機密だったため、政府の公式見解に反論する書籍や映画がちまたにあふれかえり、「陰謀論」の言葉が広まるきっかけにもなった。

 こうした経緯について、映画批評家の前田有一氏が解説する。

「映画の世界では、この事件はエンタメ、社会派、ドキュメンタリーなど、あらゆるジャンルで扱われてきました。たとえばクリント・イーストウッド演じる、ケネディを救えなかった警護官がリベンジに挑むアクション『ザ・シークレット・サービス』など、娯楽映画の設定として使われたケースもあります。しかし王道は、やはり暗殺の真相に迫る『陰謀論・解明もの』でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る