「ブレードランナー」女優が語る “最も美しい顔”の悩み

公開日:

 情熱的な赤がよ~く似合う。キューバ出身のラテン系女優、アナ・デ・アルマス(29)。リドリー・スコットが生み出したSF名作「ブレードランナー」の35年ぶりの続編「ブレードランナー2049」(ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、今週27日公開)のヒロインに大抜擢された。

「世界で最も美しい顔」第9位(15年)にも選ばれた完璧な容姿。ママ似だという愛くるしい顔立ちだが「決していいことばかりではない」と苦笑いし、こんな悩みを明かす。

「役者として役立つこともあるけれど、逆に演じる役を狭める場合もある。演技の先生からは常に美しくあるべきではないと言われているの。容姿だけを売りにしたり、見た目にとらわれる女優にはならないよう心がけているわ」

 ライアン・ゴズリング(36)扮する主人公Kの恋人ジョイを演じた。ただし、人間ではない。人間そっくりのホログラムと呼ばれる初音ミクのような立体映像だ。衣装はビニール製の透け透けコートを羽織ったり、チャイナドレス風やミニスカートにロングブーツ姿を披露したり、セクシー全開。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る