暴露ネタだらけの芸能界で光る 往年スターの人情と礼節

公開日:

「百恵さんはお見舞いか、電話で直接エールを送っていると思いますよ」と、ベテラン芸能記者の青山佳裕氏は言った。最愛の夫である二所ノ関親方(元大関若嶋津)が倒れた高田みづえさん(57)に対して、三浦百恵さん(58)が何らかの形で励ましの声を届けているとみているのだ。

「人間関係を大切にし、盆暮れの挨拶や年賀を欠かさないことで知られるのが百恵さんです。赤坂の『とらや』に自ら足を運んで、友和さんが仕事でお世話になったなどと、書き添えて付け届けをされる人ですから、歌手時代の後輩で、一番かわいがっていたみづえさんのことを心配しないわけがありません」

 百恵さんが現役時代、横須賀恵のペンネームで作詞家としても活動していたのは、ファンなら今更の話に違いない。音楽関係者によると、その初期の頃、70年代末に作詞した「通りすぎた風」は谷村新司の作曲で作品になっていたものの、レコード化はされず、半ばお蔵入りになっていた。これをカバーし、83年にシングル曲として歌ったのがみづえさん。「あなたは小さいんだから、もっと前に行きなさい」と、ステージでみづえさんの背中を百恵さんが押したといったエピソードもあるという。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る