暴露ネタだらけの芸能界で光る 往年スターの人情と礼節

公開日: 更新日:

「百恵さんはお見舞いか、電話で直接エールを送っていると思いますよ」と、ベテラン芸能記者の青山佳裕氏は言った。最愛の夫である二所ノ関親方(元大関若嶋津)が倒れた高田みづえさん(57)に対して、三浦百恵さん(58)が何らかの形で励ましの声を届けているとみているのだ。

「人間関係を大切にし、盆暮れの挨拶や年賀を欠かさないことで知られるのが百恵さんです。赤坂の『とらや』に自ら足を運んで、友和さんが仕事でお世話になったなどと、書き添えて付け届けをされる人ですから、歌手時代の後輩で、一番かわいがっていたみづえさんのことを心配しないわけがありません」

 百恵さんが現役時代、横須賀恵のペンネームで作詞家としても活動していたのは、ファンなら今更の話に違いない。音楽関係者によると、その初期の頃、70年代末に作詞した「通りすぎた風」は谷村新司の作曲で作品になっていたものの、レコード化はされず、半ばお蔵入りになっていた。これをカバーし、83年にシングル曲として歌ったのがみづえさん。「あなたは小さいんだから、もっと前に行きなさい」と、ステージでみづえさんの背中を百恵さんが押したといったエピソードもあるという。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

もっと見る