暴露ネタだらけの芸能界で光る 往年スターの人情と礼節

公開日:

「百恵さんはお見舞いか、電話で直接エールを送っていると思いますよ」と、ベテラン芸能記者の青山佳裕氏は言った。最愛の夫である二所ノ関親方(元大関若嶋津)が倒れた高田みづえさん(57)に対して、三浦百恵さん(58)が何らかの形で励ましの声を届けているとみているのだ。

「人間関係を大切にし、盆暮れの挨拶や年賀を欠かさないことで知られるのが百恵さんです。赤坂の『とらや』に自ら足を運んで、友和さんが仕事でお世話になったなどと、書き添えて付け届けをされる人ですから、歌手時代の後輩で、一番かわいがっていたみづえさんのことを心配しないわけがありません」

 百恵さんが現役時代、横須賀恵のペンネームで作詞家としても活動していたのは、ファンなら今更の話に違いない。音楽関係者によると、その初期の頃、70年代末に作詞した「通りすぎた風」は谷村新司の作曲で作品になっていたものの、レコード化はされず、半ばお蔵入りになっていた。これをカバーし、83年にシングル曲として歌ったのがみづえさん。「あなたは小さいんだから、もっと前に行きなさい」と、ステージでみづえさんの背中を百恵さんが押したといったエピソードもあるという。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る