佐伯チズさん告白 「元マネに会社乗っ取られそうに…」

公開日:  更新日:

「高い化粧品を使わなくても美しくなれる」美容法で話題になった、美のカリスマ・佐伯チズ(74)。ひところはメディアで引っ張りだこだったものの最近は見かけないと思っていたら、とんだトラブルに巻き込まれていたという。

■ホームページや「佐伯チズ」の商標も使えず…

「実は一昨年、会社が乗っ取られそうになりまして。原因は元マネジャーでした。10年ちょっと任せていたマネジャーから、15年に『予算が足りないから、あともう1億円出してください。足りないなら先生の家を売ればいい』と言われて。あまりに理不尽な話なので、ビルの違約金も支払い、事業を縮小。マネジャーには会社も辞めていただいた。するとホームページが使えず、『佐伯チズ』の商標が別の会社のものになっていて……。自分の名前が使えない不自由さを味わいました。この方は、事務仕事だけなのに“佐伯に師事”と言って、美容業界に今もいるそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る