佐伯チズさん告白 「元マネに会社乗っ取られそうに…」

公開日:  更新日:

「高い化粧品を使わなくても美しくなれる」美容法で話題になった、美のカリスマ・佐伯チズ(74)。ひところはメディアで引っ張りだこだったものの最近は見かけないと思っていたら、とんだトラブルに巻き込まれていたという。

■ホームページや「佐伯チズ」の商標も使えず…

「実は一昨年、会社が乗っ取られそうになりまして。原因は元マネジャーでした。10年ちょっと任せていたマネジャーから、15年に『予算が足りないから、あともう1億円出してください。足りないなら先生の家を売ればいい』と言われて。あまりに理不尽な話なので、ビルの違約金も支払い、事業を縮小。マネジャーには会社も辞めていただいた。するとホームページが使えず、『佐伯チズ』の商標が別の会社のものになっていて……。自分の名前が使えない不自由さを味わいました。この方は、事務仕事だけなのに“佐伯に師事”と言って、美容業界に今もいるそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る