二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

壱成は23歳下と…“先手必勝”石田一家のスキャンダル対応

公開日: 更新日:

 スキャンダル対応は人それぞれ違う。応じない人もいれば、対応する人もいる。旧知の芸能関係者の意見を聞いた。

「内容にもよるが、黙るなら徹底して黙る。しゃべるならきちんと対応する。中途半端にしゃべったり黙ったりするのがよくない。後は状況で臨機応変に変える応用力も必要」

「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音。ベッキーとの不倫に続き、未成年だった恋人のタレントに飲酒させたとして謹慎。一躍、トラブルメーカーになったが、復帰と同時に沈黙を破り、別れたベッキーとの不倫話も解禁。何事もなかったように音楽活動を再開している。

 沈黙としゃべる時期のタイミングを計ったような応用力が功を奏した。対照的なのが山尾志桜里議員。顧問弁護士との不倫疑惑を即座に「男女の関係はありません」と否定したが、今もなお顧問関係を継続したことで、報道はヒートアップ。それでも山尾議員は沈黙を貫く。何事もなかったように済ますのだろうが、中途半端感は否めない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

  9. 9

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  10. 10

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る