二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

壱成は23歳下と…“先手必勝”石田一家のスキャンダル対応

公開日:

 スキャンダル対応は人それぞれ違う。応じない人もいれば、対応する人もいる。旧知の芸能関係者の意見を聞いた。

「内容にもよるが、黙るなら徹底して黙る。しゃべるならきちんと対応する。中途半端にしゃべったり黙ったりするのがよくない。後は状況で臨機応変に変える応用力も必要」

「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音。ベッキーとの不倫に続き、未成年だった恋人のタレントに飲酒させたとして謹慎。一躍、トラブルメーカーになったが、復帰と同時に沈黙を破り、別れたベッキーとの不倫話も解禁。何事もなかったように音楽活動を再開している。

 沈黙としゃべる時期のタイミングを計ったような応用力が功を奏した。対照的なのが山尾志桜里議員。顧問弁護士との不倫疑惑を即座に「男女の関係はありません」と否定したが、今もなお顧問関係を継続したことで、報道はヒートアップ。それでも山尾議員は沈黙を貫く。何事もなかったように済ますのだろうが、中途半端感は否めない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る