二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

壱成は23歳下と…“先手必勝”石田一家のスキャンダル対応

公開日: 更新日:

 スキャンダル対応は人それぞれ違う。応じない人もいれば、対応する人もいる。旧知の芸能関係者の意見を聞いた。

「内容にもよるが、黙るなら徹底して黙る。しゃべるならきちんと対応する。中途半端にしゃべったり黙ったりするのがよくない。後は状況で臨機応変に変える応用力も必要」

「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音ベッキーとの不倫に続き、未成年だった恋人のタレントに飲酒させたとして謹慎。一躍、トラブルメーカーになったが、復帰と同時に沈黙を破り、別れたベッキーとの不倫話も解禁。何事もなかったように音楽活動を再開している。

 沈黙としゃべる時期のタイミングを計ったような応用力が功を奏した。対照的なのが山尾志桜里議員。顧問弁護士との不倫疑惑を即座に「男女の関係はありません」と否定したが、今もなお顧問関係を継続したことで、報道はヒートアップ。それでも山尾議員は沈黙を貫く。何事もなかったように済ますのだろうが、中途半端感は否めない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る