城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

芸能界では“バツ2”も武器 壱成が父・石田純一に学ぶこと

公開日:

 俳優のいしだ壱成(42)が2度目の離婚を明らかにした。

 父親の石田純一(63)になかなか報告することができず、告白系のバラエティー番組で初めて明かしたというわけで、芸能マスコミに拡散した。

 同じ経験を持つ石田は壱成に対して、「2度目は世間の風当たりがきついぞ」と言い、それでも壱成をサポートできる部分では支えたいという気持ちを語っていた。

 不肖、僕も4度の離婚を経験していて、石田の言葉で思い出してみると、最初の離婚のときには確かに周囲から「大変だったね」と同情的な言葉をもらったものだが、2度目になると、「おまえに責任があるんだろ」「また原因をつくったのか」といった反応で、“風当たり”という言葉のままだという気がした。

 しかし、壱成に言いたい。3度目になると、「またか」とやや呆れられ、4度目になると、ほとんど関心を持たれることはなくなるのだ。つまり、壱成がこの2度目の離婚で、恐れる必要はない。また恋愛をしてその気になれば、再々婚してもよいのだ。事実、石田純一は大きな話題の中で3度目の恋愛、結婚、そしてお子さんもできた。身近にいいお手本がいるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る