二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

壱成は23歳下と…“先手必勝”石田一家のスキャンダル対応

公開日: 更新日:

 対応次第でどう転ぶかわからないのがスキャンダル。それをいとも簡単に対応を続けているのが石田純一(63)である。名言を吐いた不倫騒動以降、「私生活切り売りタレント」とヤユされようと姿勢を変えずにいる。今回も3度目の妻・東尾理子(42)との間に第3子が妊娠。好感度の高い笑顔でメディアに対応。不倫も妊娠もどんな私生活にも対応する姿勢はブレることがない。ワイドショーにとって業界のしがらみで芸能ニュースが激減するなか、すぐに応じる石田は「神様」のような存在という。

 一家の大黒柱の処世術は、今では石田ファミリーまで伝授されている。石田の最初の妻との息子・いしだ壱成(42)も遺伝子なのか、父親の教育なのか、スキャンダルを起こすたびに対応している。今回も8月に2度目の妻との離婚。それから3カ月。「不倫疑惑」もどこ吹く風。19歳の舞台女優とすでに半同棲状態。3度目の結婚も視野に入っていることをバラエティー番組などで明かしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  4. 4

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  7. 7

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  10. 10

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

もっと見る