• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

紅白司会の内村光良が歩む“国民的芸能人”への期待と死角

 安室奈美恵の出場辞退で早くもシラケムードが漂う今年のNHK紅白歌合戦だが唯一、目玉になったのがウッチャンナンチャンの内村光良(53)だろう。1951年に始まった紅白の総合司会をタレントが務めたのはタモリ(83年)、みのもんた(05年)、黒柳徹子(15年)のわずか3人しか存在しないのだ。

「内村さんは栄えある4人目に抜擢されたわけです。これはNHKが彼を国民的芸能人、司会者として認知したという証し。民放界での格付けも上位に変わってきます」(テレビ関係者)

 それにしてもNHKはなぜ、内村を総合司会に大抜擢したのか? 当初、内村起用については局内でもかなり否定的な意見が飛び交っていたという。

「確かに芸人としての格やキャリアなどを疑問視する声が大半だった。だが、最後は上田良一会長の鶴の一声で決まった。単刀直入に言えば安室など日本国民が関心を寄せる注目歌手をキャスティングできないため他力本願に頼ったということです」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る