復活もある? 引退発表は安室流“奴隷解放宣言”という見方

公開日: 更新日:

 これもNHKでの“告白”効果か――。大晦日の紅白歌合戦への不出場が濃厚とされる安室奈美恵(40)のツアーチケットが関係者でも入手困難という異常人気になっているという。

 安室は来年9月の引退へ向け、2月のナゴヤドームから5大ドームを回る国内15公演、さらに中国、香港、台湾でのアジアツアーを行うとしている。チケットはまだオフィシャルファンクラブ会員対象の先行受け付けが始まった段階だが、ある業界関係者は「チケットについて知り合いに頼まれ、エイベックスの上層部に頼んでみたところ、同じような問い合わせが1000件近くもきて『キャンセル待ち』なんて話でしたよ」と打ち明ける。

 ファンにしてみればラストチャンス。年末の紅白も不出場の可能性が高くなっていることで、さらにプラチナ化が進行。ツテをたどってなんとか入手しようとヤッキになっているのだ。今回のツアーは女性ソロでの最多動員となる70万人規模が見込まれているそうだが、ナマ安室の姿を拝めるかどうかはかなり厳しい確率のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  10. 10

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る