復活もある? 引退発表は安室流“奴隷解放宣言”という見方

公開日:

 これもNHKでの“告白”効果か――。大晦日の紅白歌合戦への不出場が濃厚とされる安室奈美恵(40)のツアーチケットが関係者でも入手困難という異常人気になっているという。

 安室は来年9月の引退へ向け、2月のナゴヤドームから5大ドームを回る国内15公演、さらに中国、香港、台湾でのアジアツアーを行うとしている。チケットはまだオフィシャルファンクラブ会員対象の先行受け付けが始まった段階だが、ある業界関係者は「チケットについて知り合いに頼まれ、エイベックスの上層部に頼んでみたところ、同じような問い合わせが1000件近くもきて『キャンセル待ち』なんて話でしたよ」と打ち明ける。

 ファンにしてみればラストチャンス。年末の紅白も不出場の可能性が高くなっていることで、さらにプラチナ化が進行。ツテをたどってなんとか入手しようとヤッキになっているのだ。今回のツアーは女性ソロでの最多動員となる70万人規模が見込まれているそうだが、ナマ安室の姿を拝めるかどうかはかなり厳しい確率のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る