復活もある? 引退発表は安室流“奴隷解放宣言”という見方

公開日:

 これもNHKでの“告白”効果か――。大晦日の紅白歌合戦への不出場が濃厚とされる安室奈美恵(40)のツアーチケットが関係者でも入手困難という異常人気になっているという。

 安室は来年9月の引退へ向け、2月のナゴヤドームから5大ドームを回る国内15公演、さらに中国、香港、台湾でのアジアツアーを行うとしている。チケットはまだオフィシャルファンクラブ会員対象の先行受け付けが始まった段階だが、ある業界関係者は「チケットについて知り合いに頼まれ、エイベックスの上層部に頼んでみたところ、同じような問い合わせが1000件近くもきて『キャンセル待ち』なんて話でしたよ」と打ち明ける。

 ファンにしてみればラストチャンス。年末の紅白も不出場の可能性が高くなっていることで、さらにプラチナ化が進行。ツテをたどってなんとか入手しようとヤッキになっているのだ。今回のツアーは女性ソロでの最多動員となる70万人規模が見込まれているそうだが、ナマ安室の姿を拝めるかどうかはかなり厳しい確率のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る